PROFILE
記事カテゴリ
qrcode
記事カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
最近の記事
コメントリスト
過去の記事リスト
SBC関連リンク
バンド/友達リンク

South Bound Clovers

もっと南へ。あったかいところへ。

新年あけましておめでとうございます!
1月11日吉祥寺シルバーエレファントにご来場頂き
ありがとうございました!
またライブが決まり次第お知らせいたします!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
亀の背中にのって
あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。



スパです。



お正月は雅楽をループで聴いてました。

あれは気持ちいい。


あと去年のピンクフロイドの個人的なブームが大波になって水のトンネルを抜けるとそこにはシド・バレットがわたしを待っていました。

シドのソロアルバムを二枚ほど聴いたとこで、スパのソロアルバムの制作を再開することに決めました。


今年一年かけてゆっくり作るつもりでいます。



SBCは早くCDを作れと急かされてるので、そう言ってくれる方々がいるうちに形にせねばと思っております。


事実、我々は進化を続けているので、既に録った曲とまたグルーヴが一回り大きくなっているので、なんとかこの今の感じを早くレコードに反映したいなと考えていたとこです。



海亀のようなバンドですが、じっくりやっていくので今年も気にかけていてくださいませ。




ではでは1月11日(月祝)、吉祥寺はシルバーエレファントにて20時40分にお会いしましょう◎
| 日々のできごと | comments(0) | trackbacks(0) |
地球の人と宇宙の人
091217_1926~01001.jpg
スパです。



12月13日吉祥寺シルバーエレファントにて、2009年最後のSBCのステージが無事終わりました。



皆々様のお陰様で我々はこうして音楽を続けております。



ありがとう、ありがとう。


今回はてっこさんのwevedrum初導入と、バンド全体のグルーヴに関わる鍛練の結果、すっきりと落ちついたバンドアンサンブルになりました。



ここらで足場を固めて、来年は更に皆々様の腰をくねらすべく泥沼のグルーヴを研究、実践せんと思っております。



× × × × × ×



さてさて、最近は「原始人」の異名を持つアナログ世代の生き残りことスパにも21世紀の記号化社会の煽りを受けて、すこぶる進化を遂げましたので報告したいと思います。



イ.なんと我が家でインターネット開通!

ロ.クレジットカード使い始めました!

ハ.打ち込みの音楽に対するアンチテーゼの払拭!

ニ.使い捨てコンタクトをたまに使ってます!






以上、文面だけ見たら昔の友だちは「なんだよなんだよ、あんなに頑固一徹だったスパも世間に揉まれて今じゃミライジン気取りか!」

なんて思われそうですが、本人は至って無頓着で、
ただちょっとばかし見てくれが銀色の流線形に近づいただけです。
| 日々のできごと | comments(0) | trackbacks(0) |
ライブとは
 こんばんは、Mr.tosh(ミスター・トッシュ)です。

あれですね。

ライブやるって楽しいですね?

あんなに楽しいんだから観てる方も楽しいでしょう。

そーゆー事ほど、気付きづらい。

でも、僕は気付いてます。

先日はライブに、お越しいただいて、ありがとうございます。

僕は気付いてます。
| 日々のできごと | comments(0) | trackbacks(0) |
絵描きのうたをうたう人
090520_1829~01.jpg
鱈腹食べてあとは寝るだけ。



スパです。



宇宙の話を少しと、ロックンロールの話を少しと。



ビールとお肉、脂があれば幸せなんだね。



最近、お金と物の価値についてよく考える。



だけど、僕に出来ることといえば埃っぽい薄暗い部屋に絵を描くこと。



段々と好きな色が増えていく幸せと、キャンバスの多いこの幸せ。



頭掻いて枕に埋もれ晴れた空にはにわか雨。



すべてがすべて、コンプレックスの反動なのか。



本を読んでると割りと落ち着くなぁ。



そこからして既にコンプレックス的!



どうやらおれの思春期はまだ当分終わらなそうだ。



じじいになる前にもっと皺を増やそう。



明日の空は青すぎるといいなぁ。
| 日々のできごと | comments(0) | trackbacks(0) |
消えた冥王星とブルース
080404_0337~01001.jpg
スパです。



冥王星が太陽系の惑星から外されて久しい、とゆうことを最近知りました。



冥王星が消えただなんて言うもんだから怖くなってすぐに調べたら、冥王星ってものすごく小さくて、軌道もちょっとずれてるから学者がこれは太陽系の惑星のひとつとは考えない方がいいんじゃないかってね。



で、惑星の大きさを見比べてたら木星の大きさにまた怖くなってすごい惹かれて、今デスクトップはでっかい木星の写真です。



地球が小さいとは到底思えないわたしは、木星のスケールに圧倒され、ガスの惑星の色や紋様に引き込まれました。



同じような理由でエジプトにも興味があります。



いつか行ってみたい、この体で感じたい、砂と空しか見えない砂漠のど真ん中で地球のスケールに飲まれたい。



そんなことを考えたり、ブルースのスケール解釈を拡げたりして、泣きながら、嘆きながら、この人生のスケールを笑うのです。






昨日、マジックサムのブルースに出会いました。
| 日々のできごと | comments(0) | trackbacks(0) |
「世界の音楽」の世界
090915_2158~03.jpg
デヴィッドボウイを聴いてます。



スパです。



今年も順調に音楽の世界が拡がりました。



今まで意外と苦手だったボブディランやニールヤングも好きになりました。



プログレもピンクフロイドは大好きになりました。



元々好物だったバーズは今一番聴いてます。



「夢のカリフォルニア」しか知らなかったママスパパスも実は極上のフラワーミュージックでした(最高です)。



あとやっぱりスモーキーロビンソンとかオーティスレディングとかソウルの大物はたまに聴きたくなります。






今、ジャズのスケールとモードについて興味があります。



でも実はミニマルなものにも興味があります。






嗚呼、

SBCの行く末やいかに…
| 日々のできごと | comments(0) | trackbacks(0) |
色のない世界
090909_1632~01001.jpg
光がないとゆうこと。




色がないとゆうこと。







まったくもって例えようのないことをアナタに伝えよう。


どのくらい伝わっているのかが知りたくて、


またイメージの世界に籠る。




じゃあ音のない世界は、一体全体どう伝えればよいのか。





スパ
| 日々のできごと | comments(0) | trackbacks(0) |
さらば神秘の世界
大好きなスープカレー屋が閉まってしまった。


神秘のスープ、ぱりっぱりのチキン、素揚げした茄子やピーマン、かぼちゃがどっさり。


あぁ、おれはこんなにもスープカレーを求めていたのだ。






最近は家でスープカレーを作っている。

カレー粉とナツメグ、オールスパイスで再現する神秘の味。



いつかスープカレー屋をやろうと思った曇った昼下がり。






スープスパ
| 日々のできごと | comments(0) | trackbacks(0) |
河を渡った
流れて溶け出してしまいそうになるものさ。



地球の中心が見えるなんて言うから5時間くらい穴を見てた。



そしたら地面が近づいてきてコンクリートにキスをした。



ちょうどいいので俺は泥水を呑んだ。



そしてまた河を渡った。






スパ
| 日々のできごと | comments(0) | trackbacks(0) |
胸に咲いた黄色い花
090616_0545~01.jpg
風には目がない


目のあるうちにたくさん見るんだ



スパです。



思い込んで最後まで気がつかなければ
ずっとつながっていられる


或いは、最初から気付いていても割り切っていられれば
ずっとつながっていられる



さぁどうだろう

どうだっただろう




国語の試験のような正解はあるかもしれない



人はもっと自由に生きている






アナタの中で行動と理由が

正義と妥協のもとに

綺麗な(或いはくねくねとまがりくねった)一本道でつながったとき、



果たして、明日を生きる希望を黄ばんだ太陽に見て


渇いて枯れかかったその胸を携えて歩いてゆくのだろうか




やがてゆっくりと時が回り

12時で針がまたすれ違ったときに



アナタは0時を待つのだろうか




俺も
彼女も

時計の中にはいない



二度と重なることはないとゆう、



甘美で

簡素な


契約とゆう名のルールによって


人生とゆう名のゲームでは


愛が護られている





俺は正しく、この素敵なルーレット回していくはずだ




愛しく細いこの道をどこまでも歩くには



時間はいくらあっても足りないのだ



それならばそのすべてを受け止めよう



黄色い花は君の心を宿している
| 日々のできごと | comments(0) | trackbacks(0) |