PROFILE
記事カテゴリ
qrcode
記事カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
最近の記事
コメントリスト
過去の記事リスト
SBC関連リンク
バンド/友達リンク

South Bound Clovers

もっと南へ。あったかいところへ。

新年あけましておめでとうございます!
1月11日吉祥寺シルバーエレファントにご来場頂き
ありがとうございました!
またライブが決まり次第お知らせいたします!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ぶらぶらぶら
ぶらぶら街中に花を撒き散らして
ぶらぶら旅から旅へのブルーズマン気取りさ

例えば君の住む街へぶらぶらぶら
熟れすぎた果実のような夢を見たよ
本当にいいとこだここは夜になれば
君の期待する通りに歌うだけさ

ぶらぶら今日もどこか知らない街まで
ぶらぶら口ずさむ歌は旅の歌さ


例えば君の来た道をぶらぶらぶら
何にも知らない顔して歩き出せば
昔の友だちの歌が聞こえてくる
小さい街にどでかい歌の花が咲く

ぶらぶら今日もどこか知らない街まで
ぶらぶら旅から旅へのブルーズマン気取りさ


ぶらぶら今日もどこか知らない街まで
ギターをかついで歌のプレゼント
| 歌詞 | comments(0) | trackbacks(0) |
夢見る頃を過ぎても
日が昇る前に街を出て
東へと向かう人がいる
夢見た頃と違う景色
あの日と同じ道を行く

愛もなく義理もなく
語りかける影もなく
行く宛も実になく
日が沈み夜に俺は泣く

いつの間にか俺はこんな歌を
口ずさみながら歩いてた
いつの日にか君もこんな歌を
思い出す時が来るのさ


漂いながらさまよいながら
導かれるままにここに来たのさ
右手に孤独と左手に自由を
アイツのギターで気分は最高

いつの間にか俺はこんな歌を
口ずさみながら歩いてた
いつの日にか君もこんな歌を
思い出す時が来るのさ


昨日を返してくれるのなら
明日はいらないとジャニスは歌う
夢見た頃と違うようで
同じ景色と街の中
| 歌詞 | comments(0) | trackbacks(0) |
カーニバル
お前の声は空っぽだから呼んでる気がしない
早くこっちへ来いよ空っぽ
俺の名前を呼んでくれ

夢行きの片道切符噛んで二人は船に乗る
海の真ん中お前を抱いて
俺のギターで歌うのさ


そしてアイアイアイアイ
カーニバル
俺のギターに花が咲く
きっとアイアイアイアイ
カーニバル
やがて地球も丸くなる

いつかマンネリな歌もそっと愛せるさ


お前の悩みは美しい
ドブ川よりも美しい
散々悩んだあげくの果てに世界を救うことになる

だけど
俺が歌を歌わなきゃ
誰がお前をなぐさめる
どんな鳥よりも高く飛べる
魔法の歌を歌うのさ


そしてアイアイアイアイ
カーニバル
雲の上までついてこい
きっとアイアイアイアイ
カーニバル
丸い地球を見下ろそう

いつか宇宙の海に溶けて消えるのさ



いつかマンネリな歌もそっと愛して
宇宙の海に溶けて消えても
空っぽの歌をきっと歌うのさ
| 歌詞 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハイハイよいよい
私は歌を歌います
アナタは旅をしています

インドじゃカレーの神様が
おいしいカレーを作ります
南にゃ南の風が吹き
アナタの帰りを待ってます

ハイハイよいよい
ハイハイよいよい

ギターを抱えて膝枕
私は私の子どもです
七色に光る泡ふいて
右とか左とかわかりません

ハイハイよいよい
ハイハイよいよい


おいしいクスリもあります
楽しい歌を歌います

どんどん深く潜ってゆく
私のおしりが見えました
亀の背中は赤く燃えて
瞬きしてる間に海の底

ハイハイよいよい
ハイハイよいよい

頭がクラクラいい気持ち
ブラジルのサンバが聞こえます
近くに地殻を感じたら
宇宙がデジタルに壊れてく

ああ悪魔の歌
おおおそろしや

よいよい


私は歌い続けます
アナタはすぐにわかるはず

ハイハイよいよい
ハイハイよいよい
| 歌詞 | comments(0) | trackbacks(0) |